原整形外科医院 横浜市 南区 弘明寺 リハビリテーション スポーツ整形 ペインクリニック

初診受付

原整形外科医院
〒232-0067
神奈川県横浜市南区弘明寺町268
TEL: 045-714-0037

新着情報




































































































  • 2019-04-18 MRI





問診票ダウンロード

※画像をクリックすると拡大します。
印刷してお持ちください。

診療のご案内

当院の特徴

・「患者さま本位の医療」をモットーに診療しております。


・整形外科は「運動器(骨・筋肉・神経)疾患を扱う専門科」で幅広い年齢と部位が対象となります。

整形外科の詳細はこちら ≫

・専門外の疾患についても気軽に相談を受け、必要ならば専門医に紹介したりアドバイスを行っております。

・運動器リハビリテーションを行っております。

(手術前後のリハビリ、手術をしない保存療法のリハビリにも対応致します。)

リハビリテーションの詳細はこちら ≫


・スポーツによるケガ・故障をサポート致します。

学生さんやスポーツ愛好家・プロの方まで対応いたします。

スポーツ整形の詳細はこちら ≫

・お子さんのケガ・骨折など対応いたします。お子さんは訴えがはっきりしないこともあり心配であれば念のため受診してください。

小児整形の詳細はこちら ≫

・レントゲン、超音波検査、骨粗鬆症検査(骨密度、採血、レントゲン)行っております。

骨粗鬆症の詳細はこちら ≫

・骨折に対し超音波骨折治療器を利用し、早期回復を目指します。

・MRI、CTが必要な場合、提携施設で迅速に検査行います。

MRI・CTの詳細はこちら ≫

・プラセンタ療法(保険、自費)、ニンニク注射、ビタミン注射、強ミノ注射など行っております。

自費診療の詳細はこちら ≫

・各種ワクチン接種可能です。
(予約制)

ワクチン接種の詳細はこちら ≫

・サポーター、装具作成致します。(予約制)

・交通事故や労災などによる外傷の治療行います。

交通事故・労災の詳細はこちら ≫

診療内容

診療科目: 整形外科・リハビリテーション科・内科(呼吸器内科)

  • 各種外傷(スポーツ整形、骨折、捻挫、靭帯損傷、脱臼など)
  • 脊椎疾患(骨粗しょう症、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、
  • 頸肩腕症候群、胸郭出口症候群、むち打ち障害など)
  • 関節疾患(変形性膝関節症、半月板損傷、変形性股関節症、50肩)
  • その他 腱鞘炎、火傷(やけど)など多くの疾患があります。

わからないことが御座いましたら気軽にお問い合わせください。

診療科目: 整形外科・リハビリテーション科・内科(呼吸器内科)
診療科目: 整形外科・リハビリテーション科・内科(呼吸器内科)
診療科目: 整形外科・リハビリテーション科・内科(呼吸器内科)

整形外科

整形外科の対象疾患

整形外科は、「運動器」の疾患を扱う診療科です。

「運動器」とは骨・関節・筋肉・神経などの身体を支えたり動かしたりする組織・器官の総称です。 

対象疾患としては、骨折、変形性関節症、腰痛や頚部痛、肩痛、スポーツ障害などがあります。

 「運動器」の疾患は仕事や日常生活の動作、スポーツ動作を困難にし、私たちの生活の質(QOL)を低下させる大きな一因となります。

専門領域は多岐にわたり以下のように分類できます。

「脊椎外科」

頚椎、腰椎疾患を対象とします。
肩こり、ぎっくり腰、腰痛はもちろんのこと椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などに対し、内服、注射、ブロック、生活指導、リハビリなど行います。手術が必要な場合は希望される医療機関もしくは提携医療機関を紹介させていただきます。

「手の外科」

肘、手首、指など上肢のケガや疾患が対象となります。バネ指、腱鞘炎、へバーデン結節、手根管症候群、肘部管症候群、ガングリオンなど様々な疾患があり、治療に当たっては専門的知識、経験が必要とされます。

代表的な手外科疾患

http://www.jssh.or.jp/ippan/sikkan/index.html

「肩関節外科」

肩関節周囲炎、腱板損傷、石灰沈着性腱板炎など

レントゲン、超音波検査を行い、適切な治療を提供致します。

石灰沈着性腱板炎には、体外衝撃波が有効とされ当院では今後導入予定です。

「股関節外科」

臼蓋形成不全、変形性股関節症などに対し、リハビリ、必要であれば、最小侵襲手術が可能な病院と連携し治療に当たります。

「膝関節外科」

変形性膝関節症や半月板、靭帯損傷などに対し、内服、外用、ヒアルロン酸注射、装具サポーター、リハビリを行います。必要であれば、最小侵襲手術が可能な病院と連携し治療に当たります。

「足の外科」

外反母趾、扁平足に対し装具、インソール作成、リハビリ指導など行います。

「スポーツ医学」

小中高生から大学生、スポーツ愛好家、プロの方々のスポーツによるケガ、障害に対し超音波検査、必要であれば提携医療機関にてMRICTなど行い、早期診断、治療、早期回復を目指します。

「リウマチ外科」

リウマチの診断、治療、ステロイド注射など行っております。生物学的製剤が必要な方やより専門的治療を要する方には、提携医療機関を紹介させていただきます。

「骨・軟部腫瘍外科」

いわゆるできもの、腫瘍の診断、治療を行います。レントゲン、超音波検査、MRIやCT検査が必要なことが多いため、MRICTは、提携医療機関にて行い、手術が必要な場合は、腫瘍専門医へ紹介致します。

「骨代謝外来」

骨粗鬆症が代表的疾患です。骨粗鬆症とは、骨の量が減ることで骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。骨粗鬆症は痛みを生じないケースもよくあり、症状がなくてもレントゲンと骨密度、採血などの検査を行い診断されます。

骨の強度は、骨量と骨質で決まります。骨量は、レントゲンや骨密度をみて判断し、骨質は、合併症や既往疾患、生活習慣、採血などが参考になります。

高尿酸血症、痛風の治療も行っております。食事療法と薬物治療、生活の見直しが重要です。
スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などに代表される打撲、捻挫、骨折などの外傷学は勿論のこと、変形性変化を伴う加齢疾患、骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風、運動器の腫瘍、運動器の先天異常など先天性疾患など、新生児時から老年まで幅広い患者層を扱います。

整形外科が扱わない外傷には、頭部・顔面外傷や心臓・肺損傷、腹部外傷などの臓器外傷、泌尿・生殖器損傷などがあります。

わからないことが御座いましたら気軽にお問い合わせください。

当院では、火傷、一般的な皮膚科疾患もプライマリケアとして対応いたします。

ケガのことなら何でもご相談ください。

<高分子ヒアルロン酸注射>

  • 関節の痛みを抑える
  • 炎症を抑える
  • 関節の動きを良くする
  • 軟骨の摩耗を抑える

リハビリテーション科

当院は運動器リハビリテーションⅡ施設です。

ケガ、骨折、外傷後のリハビリを積極的に行っております。

リハビリは予約制です。予約のキャンセル・変更はお電話もしくは担当者へお伝え下さい。


※物理療法のみの方は、現在のところ予約制ではありません。
※初診の患者様は、初診、診察の後リハビリの予約をしていただきます。

詳しくは、当院にご相談下さい。リハビリテーションページ

スポーツ整形

サッカー、野球、ジョギング・ウォーキング、テニス、ゴルフ、スキー&スノーボードなどで受けた外傷に対する治療を行います。

詳しくは、当院にご相談下さい。→スポーツ整形ページ

  • サッカー(膝が痛い、足首をねんざした)
  • 野球(肩が痛い、ひじが痛い)
  • ジョギング&ウォーキング(ひざが痛い、足の裏が痛い)
  • テニス(ひじが痛い、ふくらはぎが痛い)
  • ゴルフ(腰が痛い、手首が痛い)
  • スキー&スノーボード(膝が痛い、肩が痛い)

ペインクリニック

節の痛みに対する治療は、痛み止めの内服薬や貼り薬などがありますが、このほかによく行われている治療として、膝や肩の関節に注射を行う方法があります。

分子量90万の高分子ヒアルロン酸の関節内注射は。25年以上の歴史を持ち、広く行われている関節痛の治療法です。ヒアルロン酸を注射することによって、加齢などにより減少したヒアルロン酸の産生能を高めたり、痛みや炎症を抑えたりする効果があります。
詳しくは、当院にご相談下さい。→ペインクリニックページ

関節リウマチ

関節リウマチとは、関節に炎症が続いて徐々に破壊されていき、やがては変形したり固まったりしてうまく動かなくなってしまう病気のことを指します。

関節リウマチは、決して珍しい病気ではありません。また、女性に多く、発症の多くは3040歳代で、幅広い年齢層の患者さんがいます。


原因

関節リウマチは、免疫の異常が関係する病気で、あちこちの関節に炎症が起こり、腫れや痛みが生じます。

関節で炎症が続くと、関節の中の「滑膜(かつまく)」に血管や細胞が増え、腫れます。腫れた滑膜はやがて軟骨や靱帯を破壊し、進行していきます。


症状

関節リウマチの主な症状は、関節の腫れや痛みで、左右対称に出ることが多いとされています。また、朝起きたときの手足のこわばり・動かしづらさは関節リウマチに特徴的な症状です。だるくなったり疲れやすくなったり、関節以外に症状が出ることもあります。

最近、関節リウマチは発症から2年以内に急速に症状が進むことがわかってきました。早期発見、早期治療が、重要です。

関節リウマチになると、日常生活では、重いものを運ぶ、長時間歩く、階段の上り下りなどの動作がつらくなったりします。

発症早期には、朝のこわばり、手に力が入りにくく、ふきんや雑巾を絞りにくい、歩くときに足裏が痛い

などの症状で、つらく感じられることもあります。

また、冷房など冷えたりすると調子が悪くなることもあります。


治療

昔は、「関節リウマチにかかると寝たきりになる」と思われていました。しかし、今では医学が発達して、発症早期から適切な治療を行えば、病気の進行を抑えて関節の機能を保ち、今までどおりの生活を続けられる可能性があります。

まず、診察、検査を受けましょう。

採血でリウマチ因子、CCP抗体、CRPなどをチェックします。

関節リウマチは早期に治療を開始することが大変重要です。関節リウマチと診断された後、できるだけ速やかに適切な治療を行うことで、関節破壊の進行を防ぎ、状態のよさを保つことができると考えられています。


薬物療法

関節の炎症を抑えるためには、主に下記のようなお薬で治療を行います。

・疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD

生物学的製剤

JAK阻害剤

当院では、生物学的製剤、JAK阻害剤は扱っておりません。


また、下記のような痛みや腫れを抑えるお薬を一緒に使用する場合もあります。

非ステロイド性消炎鎮痛薬

副腎皮質ホルモン薬(ステロイド)

ステロイドは少量で強力に炎症や痛みを抑えることができるお薬です。強い炎症が起こったときに用います。内服と注射があります。


手術療法

手術療法は、適切な薬物療法などを行っても痛みや腫れが改善しない場合や、関節破壊のために歩行が困難になるなど日常生活に支障が出る場合などに行います。

滑膜切除術

機能再建手術

人工関節置換術

関節形成術

関節固定術


リハビリテーション

理学療法は、関節の運動性を改善させ、社会生活が送れるようにするために行います。

運動療法、温熱療法があります。

関節を動かさないでいると、関節が硬くこわばってしまいます。リハビリは、理学療法士などの専門家が、筋力の向上と、関節の動く範囲を広げたり維持したりする効果があります。毎日繰り返し継続して行えば、関節の機能障害が抑えられ、痛みもやわらいでいきます。

プライマリケア

内科(風邪、花粉症など)、皮膚科疾患(急性・慢性湿疹、やけど、接触性皮膚炎、帯状疱疹、巻き爪・陥入爪など)、健康診断(特定健診)などのプライマリケアも行っております。

整形外科以外の疾患についてもお気軽にご相談ください。適切な医療機関をご紹介いたします。

ワクチン接種

インフルエンザ他、各種ワクチンに対応しております。ご希望の方は、当院までご連絡ください。

◆インフルエンザワクチン

  • 料金1人1回 4,000円
  • 横浜市在住の65歳以上の方 1人 2,300円
  • 13歳未満 1人2回 6,000円
  • 東京都総合組合保健施設振興協会(東振協)の方は、3,890円から補助金額を差し引いた金額が自己負担となります。
  • JXグループ保険組合 富士石油保険組合 カルビ保険組合 コスモ石油保険組合 は負担なし。 


◆その他対応しているワクチン

  • 風疹・麻疹混合(MR)
  • 風疹単独
  • 麻疹単独
  • おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
  • 日本脳炎
  • 水痘
  • ヒブワクチン
  • 二種混合(ジフテリア・破傷風)
  • 三種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳)
  • 破傷風トキソイド
  • 不活性化ポリオ

自費診療

当院では、自費注射としてプラセンタ(規定を満たす場合は保険を利用できる場合もあります。) 、ニンニク注射、ビタミンC 、強ミノ注射を行なっております。

1アンプル1500円(税込)、2アンプル2000円(税込)、3アンプル2500円(税込)となります。初診料、再診料はかかりません。予約不要です。

尚、当院で使用しているプラセンタ はメルスモンとなります。


◆にんにく注射

スポーツ選手が使用して話題となっているニンニク注射は疲れやだるさ、倦怠感の回復に有効な治療です。血管内に注射するため全身にビタミンを補給し、蓄積した乳酸を分解することにより新陳代謝が高まり疲労物質を洗い流します。即効性があります。ニンニクが実際に入っているわけでなく、ニンニクの主成分であるビタミンBが含有されています。成分含有率はニンニク約50個分ものエネルギーになります。→疲労回復、風邪の早期回復、免疫力の強化、肩こり・腰痛の改善、ニキビ・肌荒れなどの皮膚症状


◆プラセンタ

白や保湿といった美容効果が知られていますが、実は自律神経やホルモンのバランスを調整し、抵抗力を高めるなど、さまざまな効用を備えています。そして、内科から婦人科、皮膚科、整形外科、精神神経科に至るまで、ほとんどの科目の疾患に有効性が期待できるのです。1A~2Aを皮下注射します。週に2~3回前後で繰り返し、2,3か月で効果を実感される方が多いようです。効果はその症状によっても現れる早さが異なります。皮下注射に比べて効果は劣りますが、通院が困難だったり注射が続けられない方にはサプリメント細粒もあります。

MRI・CT

提携医療機関と連携し、必要な場合は、最新鋭MRI(磁気共鳴画像診断装置)とマルチスライスCT(コンピュータ診断装置)撮影を行い、病気の早期発見、早期治療をサポートしています。 

骨粗鬆症

骨粗しょう症治療の目的は、骨折のリスクを下げることにあります。すでに骨折したことのある方の場合は、2度目、3度目の骨折をする「骨折の連鎖」を防ぐことが重要であり、「STOP AT ONE」を掲げて治療をしていくことが重要です。

当院では、骨粗しょう症による2回目、3回目の骨折(骨折の連鎖)を防ぐための治療、活動に取り組んでおります。
→骨粗鬆症ページ

交通事故・労災

当院では、交通事故及び労災の治療を行っております。

◆交通事故

交通事故が原因で痛みが出てきた方や不調を感じた方はどうぞお気軽にご相談ください。まず、レントゲン撮影、必要であればMRI検査をしていただく場合もあります。診断結果により、診断書の作成、安静、消炎鎮痛剤、カラー固定、コルセットなど行います。必要な場合には、物理療法、マッサージやリハビリを行います。

※交通事故の場合、早くの診断、治療が必要です。わからないことなどありましたら、まずはお電話でお問い合わせください※

◆労災

当院は労災保険指定医療機関です。職場や通勤中のケガや病気、交通事故にともなう様々な痛みや体の不調などの治療を行っております。

医院名 原整形外科医院
院長 原 貞夫
副院長 原 正道
住所 〒232-0067
神奈川県横浜市南区弘明寺町268
診療科目 整形外科・リハビリテーション科・内科(呼吸器内科)
電話番号 045-714-0037

受付時間


午前



午後




【受付時間】
午前8:00~11:30
午後14:00~18:30

【休診日】
木曜午後、土曜午後、日曜午後、祝日、年末年始

リハビリ


午前





午後






午前8:30~13:00
午後14:00~19:00

※8:30~9:00、14:00~15:00は物理療法のみとなります。

アクセス

横浜市南区弘明寺町 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・内科

【最寄駅】

  • 京急線 弘明寺駅から徒歩約2分 弘明寺観音 山門前
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン 弘明寺駅から徒歩約4分
【駐車場】

  • 駐車場は弘明寺商店街提携駐車場の利用ができます。

→駐車場のご案内はこちら

  • サービス券1時間分はお渡しします。

【最寄りバス停】

■弘明寺

  • 神奈川中央交通
    路線名:60,港61,船20,206
  • 江ノ電バス横浜・江ノ電バス藤沢
    路線名:42-1,21
  • 横浜市営バス
    路線名:滝9,南2,滝219
→バス停のご案内はコチラ

【最寄りバス停】

■弘明寺口

  • 神奈川中央交通
    路線名:戸03,戸01,東01,東06,横44,横43,井・10,井・11,井・12,井・14
→バス停のご案内はコチラ