足の外科(足底腱膜炎・外反母趾)

足底腱膜炎(足底筋膜炎)

症状

長時間の立ち仕事や歩行により、かかとの内側前方に痛みがでます。階段を昇る際や、つま先立ちなどで痛みがさらに増します。

中年女性に多く、朝、起床して最初の1歩目に痛みを感じます。歩くうちに徐々に軽減し、夕方になって歩行量が増えるに従い、再び痛みが強くなってきます。

同様の症状は、スポーツ活動の際にもみられます。ランニングなどの開始時は痛みを強く感じますが、運動を続けるうちに徐々に軽快し、長時間になると再び痛みが強くなってきます。

原因

足底腱膜とかかとの骨が付着する部位(付着部)には、強い牽引力(引っ張る力)とともに、着地時の荷重による衝撃(圧迫力)の両方が加わることで、過大な負荷が集中します。

そのため長時間の立ち仕事や歩行、体重増加、靴の不適合、スポーツ(ランニングやジャンプなど)による使いすぎが主な原因と考えられます。

病態

足底腱膜炎は、繰り返し負荷がかかることにより、足底腱膜とかかとの骨との付着部に微小外傷(小さな傷)や変性が起きることで痛みが生じる、腱・靭帯付着部症(エンテソパチー)のひとつです。

初期には足底腱膜とかかとの骨との付着部に微小外傷があらわれます。進行にともなって、石灰化、骨化といった変化がみられるようになり、X線像で、骨棘(骨のトゲ)がみられることもあります。

診断

以下の症状が認められた場合、

足底腱膜炎と診断されます。

  • 足底腱膜とかかとの骨の付着部周囲に圧痛(押さえたときの痛み)がある。
  • 長時間の立位、歩行、歩行開始時のいずれかのときに、足底腱膜とかかとの骨の付着部周囲に疼痛があらわれる。
  • 神経の圧迫や障害(足根管症候群)、筋、腱の部分断裂(後脛骨筋腱機能不全等)、反射性交感神経萎縮症(RSD)、足底腱膜線維腫症等は除外する。

MRIでは足底腱膜の肥厚と信号変化が観察される場合があります。また、かかとに骨棘が認められることがありますが、診断の決め手にはなりません。

保存的治療

理学療法

  • アキレス腱や足底腱膜のストレッチを行います。
  • 足の形に合った靴を履くようにしたり、足底板(靴の中敷き:インソール)を装着したりします。足底腱板の素材としては、かかとの部分に衝撃吸収材を用いることもあります。

足底腱膜炎に有効な足底板:インソール

足部アーチ保持のための隆起(白矢印部)とかかとへの直接負荷を軽減するための凹み(黄色矢印部)を作製したもの

体外衝撃波治療

体外衝撃波治療とは高出力の音波を痛みの部位に照射し細胞に機械的圧力を加え、自由神経終末の変性・疼痛伝達物質の抑制・血管新生や腱再生などを起こし、組織修復作用と治癒効果を引き出す低侵襲で安全かつ有効な治療法です。

ヨーロッパより普及し、欧米では低侵襲ながら有効な治療法としてスポーツ選手を中心に、整形外科領域の腱付着症や骨疾患において使用されている装置です。副作用がほとんどなく、安全な治療法として推奨されています。

難治性の足底腱膜炎に対し保険適応があります。当院の体外衝撃波は、拡散型であり、リハビリや消炎鎮痛処置の一環として行いますので特別な治療費はかかりません。

薬物療法

  • 痛みを和らげるために、非ステロイド系消炎鎮痛剤の外用剤や経口剤を用います。
  • 痛みが非常に強いときはステロイドの局所注射を行うこともありますが、かかとの脂肪組織の萎縮や、腱膜の断裂をまねく恐れがあり、注意が必要です。

足の趾から足首にかけて反らします。その際、足裏が伸びるようにします。10回を1セットにして、1日3セット以上を目安に行います。

手術療法

重症の場合は、足底腱膜の付着部を切り離す手術や、かかとの骨棘を切除する方法もあります。

外反母趾

症状

特徴的な症状は足の母指(親指・母趾)の先が人差し指(第2趾)のほうに「くの字」に曲がり、つけ根の関節の内側の突き出したところが痛みます。その突出部が靴に当たって炎症を起こして、ひどくなると靴を履いていなくても痛むようになります。

靴の歴史の長い欧米人に多い病気でしたが、最近は日本でも急速に増えています。

原因・病態

外反母趾のいちばんの原因は靴を履くことで、幅の狭いつま先が細くなった靴を履くと母指のつけ根から先が圧迫されて変形します。ヒールの高い靴はつけ根にかかる力が増えてさらに変形を強くします。

10歳代に起こるものは母指が人差し指より長かったり、生まれつき扁平足ぎみであったりする外反母趾になりやすい特徴があります。最も多い中年期のものは履物に加えて、肥満と筋力低下などによっておこります。

健常な足には縦のアーチだけでなく横のアーチがあります。外反母趾ではこれらのアーチが崩れて扁平足になると、中ほどにある母指の中足骨が扇状に内側に開き、それから先の指は逆に靴で外側に圧迫されておこります。

診断

変形は見た目に明らかで、痛みの程度が問題になり、母指の飛び出しを指で押すと痛む、靴を履いたときに痛む、靴を脱いでも痛むなどに分けられます。

靴を脱いでも常時痛むようになると手術が必要になります。

予防

  • 母指のつけ根はフィットして先はゆったりとした履物を選びます。足の指のすべてを開く(グ、チョキ、パー)ような、外反母趾体操を毎日行います。
  • 両足の母指に輪ゴムをかけて足先を開く体操を行います。
  • 母指と人差指の間に装具をはめます。

扁平足は外反母趾のリスクファクターであり、

足底板・インソール療法も長期的に見ると効果的です。

手術療法

変形が進むと指についている筋肉も変形を助長するように働き、体操や装具ではもとに戻りにくくなります。痛みが強く、靴を履いての歩行がつらくなると手術をします。

外反母趾の手術法にはいろいろありますが、最も一般的なのは中足骨を骨切りして矯正する方法で、変形の進行の程度により方法を選んで行っています。手術は腰椎麻酔か局所麻酔下に1時間以内で、翌日から歩行が可能です。従来の靴が履けるようになるのには2ヵ月間ほどかかります。

医院名 原整形外科医院
院長 原 貞夫
副院長 原 正道
住所 〒232-0067
神奈川県横浜市南区弘明寺町268
診療科目 整形外科・リハビリテーション科・内科(呼吸器内科)
電話番号 045-714-0037

受付時間・診察時間


日・祝
午前



午後




【受付時間】
午前8:30~11:30
午後14:00~18:30

【診察】

午前9:00~11:30
午後15:00~18:30

木曜日 15:30~16:30 

呼吸器内科:予約制

土曜日 8:00~10:00
装具外来:予約制

【休診日】
第5木曜日、

日曜、祝日休診

リハビリ


日・祝
午前




午後






午前8:30~13:00
午後14:00~19:00

木曜・土曜は午前のみ

※8:30~9:00、14:00~15:00は物理療法のみとなります。

アクセス

横浜市南区弘明寺町 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・内科

【最寄駅】

  • 京急線 弘明寺駅から徒歩約2分 弘明寺観音 山門前
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン 弘明寺駅から徒歩約4分
【駐車場】

  • 当院には駐車場はありませんが、近くに有料のコインパーキングがあります。

上記の地図をご参照下さい。

【最寄りバス停】

■弘明寺

  • 神奈川中央交通
    路線名:60,港61,船20,206
  • 江ノ電バス横浜・江ノ電バス藤沢
    路線名:42-1,21
  • 横浜市営バス
    路線名:滝9,南2,滝219
→バス停のご案内はコチラ

【最寄りバス停】

■弘明寺口

  • 神奈川中央交通
    路線名:戸03,戸01,東01,東06,横44,横43,井・10,井・11,井・12,井・14
→バス停のご案内はコチラ