小児整形・ワクチン

  • 子供の骨折はわかりにくいことがあります・・・
    子供の骨折について>>>
  • 子供が肘を痛がり動かせなくなったら・・・
    肘内障>>>
  • 学校の検診で側弯症の疑い・・・
    側弯症>>>
  • 子供が股関節を痛がった場合・・・
    単純性股関節炎>>>
  • 子供が首を痛がり動かせなくなったら・・・
    環軸椎回旋位固定>>>
  • スポーツを頑張っているお子さんが腰を痛がったら・・・
    腰椎分離症>>>



小児整形に対応いたします。

お子様のケガ・骨折・成長などお困りの際はご相談ください。

子どもの骨折について

子どもから痛みの訴えがあったとき、「歩けるから大丈夫」、「関節が動くから骨折していない」などと自己判断しないで、「触ると泣く」、「手を使わない」、「足に体重をかけられない」などの症状があれば、骨折を疑って整形外科を受診しましょう。特に乳幼児では、腫れが少なかったり、骨折していない部位の痛みを訴えたりすることもあり注意が必要です。

転倒や転落によるものがほとんどです。肘関節の周囲や前腕など上肢の骨折が約半数を占め、次いで多いのが鎖骨や下腿の骨折です。成長過程の骨には弾力があり、骨幹部では隆起骨折や若木骨折、力学的に脆弱な成長軟骨が存在する関節周囲では骨端骨折(骨端軟骨の離開)など小児特有の骨折があります。

十分な視診、観察で疼痛部位を予測し、最小限の触診をして、骨折の部位を確認したのち、X線(レントゲン)撮影を行います。

受傷直後にはX線で骨折を確認できないことや、骨折線が現れず弯曲する急性塑性変形もあり、また骨折に関節脱臼を伴うこともあります。

骨端軟骨や関節内の骨折では診断が難しいため、骨折が疑われる側だけでなく健側も撮影をしたり、ギプスなどで固定して定期的なX線観察を行い、診断を付けます。

治療には保存療法と手術療法があり、X線所見を参考にして治療法が選択されます。

関節周囲の骨折以外は自家矯正が期待できるので、通常は徒手整復による保存療法が行われます。血管損傷や神経損傷がないことを確認して、ギプスなどで固定します。成長期は骨が癒合しやすいので、1~2カ月たてば安定します。

整復後に変形が残ったり骨折部が離れたりしていても、軽度なら心配することはありません。自家矯正力が高いのが小児の骨折の特徴です。

不安定な関節周囲の骨折や大きく転位した骨折では、入院して持続牽引を行ったり、経皮ピンニング手術を行ったりします。

※日本整形外科学会「整形外科シリーズ 24」から画像を引用しております。

肘内障

肘内障について:


幼児において、骨折や脱臼を含む外傷は肘周辺に多く、その中でも肘内障は、最も高い外傷の一つといわれています。身近なお子さんが実際に肘内障と診断されて治療を受けられた方も少なくないと思います。


 よく「肘が抜けた」というふうに表現されますが、正確には脱臼ではなく、輪状靭帯に包まれている橈骨頭が、引っ張りとねじれの力が加わることにより輪状靭帯からずれることによって発症します。腕を引っ張られたり、腕を下にして転んだりした際にも発生しますが、原因がはっきりしない場合も少なくありません。2〜6歳の幼児に多く見られます。受傷後は痛みが生じ、その痛みを避けるために肘を動かさなくなり、肩が抜けたかのように見えたり、手首を痛めているように見えたりします。


 骨折や脱臼との鑑別診断上、レントゲン検査を行うことがありますが、肘内障自体は異常な所見はありません。現実的には腫れがなく、問診と診察から、骨折などが否定的であれば、レントゲン撮影は行わずに、整復操作をただちに行うこともあります。麻酔は必要なく、できるだけ手のひらを上に向けて、橈骨頭を押さえながら肘を曲げていくと、整復音とともに整復されます。整復が成功すれば、程なく痛みが消失して腕を動かせるようになります。整復後は簡単な固定をすることもありますが、しないで済むことが多いです。再発予防は、しばらくの間は、腕を引っ張らないように気をつけることです。


肘内障は繰り返すこともありますが、成長とともに発症することはなくなります。


お子さんで肘の痛みがある場合、必ず整形外科を受診してください。


※日本手外科学会「手外科シリーズ 21」から画像を引用しております。

側弯症

学校検診で脊柱側弯症が疑われ「整形外科への受診要」と判定された場合、整形外科を受診して下さい。

2016年度から運動器学校検診が開始されました。

運動器学校検診では、ご家庭で子どもの背骨などについて評価を行い、その後、学校医による視触診が実施され総合判定を行います。脊柱側弯症が疑われ「整形外科への受診要」と判定された場合、整形外科を受診してください。


症状:

「側弯症(そくわんしょう)」とは背骨が左右に弯曲した状態で、背骨自体のねじれを伴うことがあります。通常、小児期にみられる脊柱変形を指します。 左右の肩の高さの違い、肩甲骨の突出、腰の高さの非対称、胸郭(きょうかく)の変形、肋骨や腰部の隆起(前かがみをした姿勢で後ろから背中をみた場合)などの変形を生じます。

側弯が進行すると、腰背部痛や心肺機能の低下をきたすことがあります。


原因と病態:

日本での発生頻度は1~2%程度で、女子に多くみられます。

原因不明の側弯を特発性側弯症といい、全側弯症の60~70%を占めます。

そのほか、脊柱の先天的な異常による側弯を先天性側弯症、神経や筋の異常による側弯を症候性側弯症といいます。


診断:

診察では、子供に前かがみの姿勢をとらせて後ろから脊柱を観察します。

症候性側弯症の鑑別には、神経学的検査やMRI検査が有効です。短期間で側弯が悪化してくる場合には、注意深く年に数回の診察が必要になります。

脊柱全体(立位)のX線(レントゲン)写真から側弯の程度を角度で表しますが、脊椎骨(せきついこつ)や肋骨に異常がないかも同時に調べます。


予防と治療:

側弯症は、弯曲が進行する前に診断して、治療を開始することが大切です。このことから、学校検診も行われています。

治療は側弯の原因や程度、年齢などによって異なります。

特発性側弯症で程度が軽い場合には、運動療法などで経過観察しますが、進行する場合には装具治療を行います。脊柱の成長期である思春期に悪化する場合が多いため、進行する場合は手術による矯正が必要になる場合があります。

単純性股関節炎

単純性股関節炎は、股関節の痛みを伴う子どもの病気では一番頻度が多く、3~8歳に最も多く発症します。多くは、発症1~2週間前に風邪や気道感染症にかかっているとされ、ウイルス感染の影響が考えられていますが、原因はわかっていません。

症状:前日まで全く元気だったのに、朝起きたら片方の太ももや膝が痛くて足を引きずらないと歩けない、もしくは全く歩けないという状態になります。熱が出ることもありますが、高熱はあまり出ません。

診断:突然の股関節の痛みと運動制限に加え、レントゲンや超音波検査で股関節に液体がたまっていることが分かると、可能性が高くなります。他の股関節疾患と区別するには、MRI検査となります。股関節に細菌が感染する「化膿(かのう)性股関節炎」という病気は重症で、緊急に適切な治療をしないと後遺症を残すことがありますが、それと区別するのにMRIや血液検査が役立ちます。血液検査で炎症反応が高い場合は、化膿性股関節炎との見極めが必要になります。その場合、股関節から関節液を採取する検査をすることがあります。

単純性股関節炎は多くの場合は1−3週間の安静で改善します。症状の強い場合は入院治療をすることもあります。

環軸椎回旋位固定

環軸椎回旋位固定とは、首が傾いて、傾いたまま動かせなくなる斜頚と呼ばれる疾患の一種です。症状としては首の傾きだけでなく、無理に動かそうとすることで強い痛みを伴うこともあります。

10歳以下のお子さんがなりやすいです。
首の1番目の骨は環椎と呼ばれ、2番目は軸椎と呼ばれており、この二つの関節が動くことによって首が動かされます。この環軸関節が亜脱臼をしてロックがかかった状態になったものが環軸椎回旋位固定です。強い衝撃によってなるということではなく、些細なことで起こります。

多くは原因不明で、 10%ほどは喉の感染症に関連しておこるものがあるようです。

軽微な外傷などをきっかけに起きることもあります。子どもが急に首の痛みを訴え、同時に斜頚を呈し、首をほとんど動かせない状態となります。風邪症状が先行している場合もあります。
・首が曲がったまま戻らない。
・首を動かせない。
・腕の感覚が鈍くなったりする。
・無理に動かそうとすると痛みを生じる。

治療と予後:早期の環軸椎回旋位固定の場合は、ほとんどが数日から10日程で自然治癒します。治療では、頚椎カラーを用いた装具固定や、喉の炎症が要因とされる場合には抗生剤を使用する薬物治療が行われます。1週間以上たっても治癒しない場合には、牽引治療を行うこともあります。関節変形がみられ整復が困難な場合や神経症状を伴う場合には手術を行うこともあります。

お子さんの首が曲がって元に戻らない場合は、整形外科を受診しましょう。


ワクチン

当院では、インフルエンザ他各種ワクチン接種も行っております。ワクチン接種は、在庫などの兼ね合いがありますので、お手数ですが、事前にお電話下さい。

※尚、コロナワクチンは行っておりません。

医院名 原整形外科医院
院長 原 貞夫
副院長 原 正道
住所 〒232-0067
神奈川県横浜市南区弘明寺町268
診療科目 整形外科・リハビリテーション科・内科(呼吸器内科)
電話番号 045-714-0037

受付時間・診察時間


日・祝
午前



午後




【受付時間】
午前8:30~11:30
午後14:00~18:30

【診察】

午前9:00~11:30
午後15:00~18:30

※1 木曜日 15:30~16:30 

呼吸器内科:予約制

※2 土曜日 8:00~10:00
装具外来:予約制

装具外来詳しくはこちら>>>

【休診日】
第5木曜日、

日曜、祝日休診

リハビリ


日・祝
午前




午後






午前8:30~13:00
午後14:00~19:00

木曜・土曜は午前のみ

※8:30~9:00、14:00~15:00は物理療法のみ

アクセス

横浜市南区弘明寺町 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・内科

【最寄駅】

  • 京急線 弘明寺駅から徒歩約2分 弘明寺観音 山門前
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン 弘明寺駅から徒歩約4分
【駐車場】

  • 当院には駐車場はありませんが、近くに有料のコインパーキングがあります。

上記の地図をご参照下さい。

【最寄りバス停】

■弘明寺

  • 神奈川中央交通
    路線名:60,港61,船20,206
  • 江ノ電バス横浜・江ノ電バス藤沢
    路線名:42-1,21
  • 横浜市営バス
    路線名:滝9,南2,滝219
→バス停のご案内はコチラ

【最寄りバス停】

■弘明寺口

  • 神奈川中央交通
    路線名:戸03,戸01,東01,東06,横44,横43,井・10,井・11,井・12,井・14
→バス停のご案内はコチラ