腰痛外来

腰痛の原因は様々です。色々な原因が混合している場合もあります。問診・診察・画像診断そして治療の反応を見ながら診断していく場合もあります。画像診断はレントゲン・MRIなどを行っていきます。

腰痛の原因:

  • いわゆるぎっくり腰
  • 筋筋膜性腰痛
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎変形性脊椎症
  • 仙腸関節の炎症
  • 尿管結石
  • 便秘
  • 月経痛
  • 圧迫骨折など
  • 骨粗鬆症によるもの
  • 関節の痛み・炎症
  • 不安定性に起因するもの 他

病態によって、内服・外用・リハビリ・コルセット・注射など行っていきます。ブロックや手術が必要な場合は、専門の医療機関を紹介致します。

手術を行わない保存療法で良くなるケースも多く、特に長引いた腰痛については、内服とリハビリの組み合わせが非常に効果的な場合が多いです。

腰痛でお困りの際は、ご相談ください。

診断にMRIやCT必要な場合は、

提携医療機関へ紹介させていただきます。

予約状況や時間帯によりますが、

当日検査・日曜祝日検査も可能です。

※当院にはMRI設備ありません※

【腰椎椎間板ヘルニア】

ヘルニアの程度・部位などを確認し

適切な診断治療を行います。

【腰椎分離症】

MRIにて早期診断・治療が重要です。

コルセット・リハビリなど行い

スポーツ復帰を目指します。

治癒の確認にはCTが有用となります。


10~15歳ころから生じますが、青少年から高齢者まで腰痛や下肢痛・しびれが出たりします。

【腰椎圧迫骨折】

骨折と骨粗鬆症の治療を同時に行っていきます。

【腰部脊柱管狭窄症】

長時間の歩行が困難となり休み休みでないと歩けなくなってしまいます。MRIによる診断が必要です。

【仙腸関節由来の痛み】

仙腸関節由来の痛みの腰痛に占める頻度は約 10%で,若年者から高齢者までの 男女に発症する.MRI,CT で特異的な画像所見が得られず見逃される例が多い.その 自覚疼痛部位は仙腸関節裂隙の外縁部を中心とした腰殿部が多く,鼡径部の痛みも特 徴的である.多くの例で dermatome に一致しない下肢の痺れや痛みを伴う.また圧痛 が上後腸骨棘およびその周辺,仙結節靱帯,腸骨筋部で多くみられる.患者自身に疼 痛の最も強い部位を 1 本指でささせる one finger test で上後腸骨棘およびその腸骨側 の近傍がこの痛みに特異的な指さし部位である.仙腸関節由来の疼痛の診断は自覚疼 痛部位,仙腸関節への疼痛誘発テストを参考に仙腸関節ブロックの効果で決定する.治療は骨盤ゴムベルトの装着や 仙腸関節ブロックの保存療法が効果的であるが,これらの保存療法に抵抗し,日常生 活や就労に著しい障害を伴う例には仙腸関節固定術が有効である.


↓↓↓


仙腸関節由来の痛みは、腰痛の約10パーセントを占めるにもかかわらず、日常診療においては見逃されることも多いかと思います。仙腸関節ブロックは、治療のみならず、効果があるかどうかで、診断にもなります。仙腸関節由来の痛みは、ブロックやリハビリが非常に効果的です。




引用文献:


日本腰痛会誌,13(1): 40 ‒ 47, 2007


特別企画●腰痛の病態解明


仙腸関節由来の腰痛


村上 栄一


図は以下文献より引用:


村上栄一,菅野晴夫,奥野洋史ほか.仙腸関 節性腰殿部痛の診断と治療.MB Orthop. 2005; 18: 77‒83.

【腰部変形性脊椎症】etc

ぎっくり腰について

多くの方が一生に一度は経験する「ぎっくり腰」。

いわゆる「ぎっくり腰」は急に起こった強い腰の痛みを指す一般的に用いられている名称で、病名や診断名ではありません。何か物を持ち上げようとしたとき、腰をねじるなどの動作をしたときなどに起こることが多いですが、朝起きた直後や何もしないで起こることもあります。

各国の腰痛診療ガイドラインなどは、過度な安静は避け、不安を持たず日常生活を続けることが大切と指摘しています。

しかし、まだ多くの方は、「痛いのだから安静が大事で、動けば大変なことになるかもしれない」と思われております。そのため、かえって腰痛を慢性化してしまうこともあるようです。

腰痛の多くは原因不明のことが多いという見解もあるようですが、まずは病院でヘルニアなどの器質的疾患や重大な病気がないかのチェックをレントゲン・採血・MRIなどで行い、鑑別しておくことが重要です。原因がわからないとされている腰痛の多くは、筋筋膜性の痛みであったり仙腸関節の機能障害であったり心理社会的要因・ストレスによるもののこともあります。

マッサージなどでよくなるのは、一時的効果のみのことも多く、筋筋膜性・筋緊張性の痛みについては一時的効果はある程度あると思いますが、根本解決にならず、強すぎるマッサージは健康を害する可能性もあります。

腰痛がなかなか良くならない場合は、痛みの専門家・整形外科医にご相談ください。

医院名 原整形外科医院
院長 原 貞夫
副院長 原 正道
住所 〒232-0067
神奈川県横浜市南区弘明寺町268
診療科目 整形外科・リハビリテーション科・内科(呼吸器内科)
電話番号 045-714-0037

受付時間・診察時間


日・祝
午前



午後




【受付時間】
午前8:30~11:30
午後14:00~18:30

【診察】

午前9:00~11:30
午後15:00~18:30

※1 木曜日 15:30~16:30 

呼吸器内科:予約制

※2 土曜日 8:00~10:00
装具外来:予約制

装具外来詳しくはこちら>>>

【休診日】
第5木曜日、

日曜、祝日休診

リハビリ


日・祝
午前




午後






午前8:30~13:00
午後14:00~19:00

木曜・土曜は午前のみ

※8:30~9:00、14:00~15:00は物理療法のみ

アクセス

横浜市南区弘明寺町 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・内科

【最寄駅】

  • 京急線 弘明寺駅から徒歩約2分 弘明寺観音 山門前
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン 弘明寺駅から徒歩約4分
【駐車場】

  • 当院には駐車場はありませんが、近くに有料のコインパーキングがあります。

上記の地図をご参照下さい。

【最寄りバス停】

■弘明寺

  • 神奈川中央交通
    路線名:60,港61,船20,206
  • 江ノ電バス横浜・江ノ電バス藤沢
    路線名:42-1,21
  • 横浜市営バス
    路線名:滝9,南2,滝219
→バス停のご案内はコチラ

【最寄りバス停】

■弘明寺口

  • 神奈川中央交通
    路線名:戸03,戸01,東01,東06,横44,横43,井・10,井・11,井・12,井・14
→バス停のご案内はコチラ